我が家に 福 来たる 

キャンプ 車 音楽 思いのままに、、、

最愛の母との別れ

しばらく更新できませんでした。

それは、、、

最愛の母がなくなりました。

ブログでこんな事を書くのも賛否両論あるとはおもいますが。 今の思いをどこかに書けたらと残せたらと思い書いてます。


本当に優しい母であまり怒られた記憶もないです。
長年リウマチ性関節炎で悩まされずっと痛い思いをしてきました。
病院も定期的に通い薬でのコントロールもしてましたが、その副作用で数年前悪性リンパ腫になり、ステージ4と言われてました。ですが苦しい思いをしてガンを克服しリンパ腫を克服、寛解までになりましたが、
それによりあまり強いリウマチの薬を使えなくなりました。
また痛みとの戦いが始まり本当に辛かったとおもいます、変形性のリウマチ性関節炎のため足の指の変形もひどく歩くための手術もしました。
足の手術もとても痛いらしく我慢の日々だったのでしょう。
足手術もから時間がたちやっと少し楽になり歩けるうになり少しずつですが出掛けたりしてました。
「新しく久しぶりに靴買った履きやすくて歩きやすい」と僕に言ってました。

そんな矢先に、


背中が激痛で動けない。骨粗鬆症とか以前折れたところが骨折かな?と本人は言って病院に行きましたがホネには何も異常がなく、リウマチ性関節炎が急性的に悪くしてるんじゃないか?
寝かたが悪いんじゃないかと。痛み止のくすりだけの処方でした、それから2日飲みましたが全く変わらずベットから動けなくなり救急車で搬送になりました。
その病院でもリウマチ性かなと、とりあえずステロイドで抑えましょう。との事でしたが結局は変わらず血液の検査結果も腎機能か少し落ちてる程度、もちろん透析等するレベルではありませんでした。

痛みが変わらない日々が続き4日後夜に一時心肺停止。呼吸器をつけてなんとか蘇生はしましたが意識不明、集中治療室へ。
その数時間前に僕も会いにいってました。
なんとか会話はできるでも、伝わりにくかったですそしてものすごい眠いといってまして。
尿毒症?の症状だったのかもしれません。

それから母の意識は戻る事はありませんでした、復活するものだと思ってましたが、ただ時間と共に少しずつ悪くなっていくのが感じてました。
透析も始めましたがそれに耐える力もなく、途中で断念。
きっと大丈夫だと思ってまして諦められませんでした。こんな事。急に。あるものなのかと。

ですが
家族みんなが集まり孫みんなに看取られるなか

3月26日 午後3:40 永眠

結局回復する事もなく徐々に弱っていき。安らかに眠るように。母との別れが来まし。


後悔
本当に優しい母で大好きでした、沢山の思い出あります。感謝も伝えたい。
こうすればよかった。
こうしたげればよかった。
あの時こうするべきだった。

もっと親孝行できたのでは?
母はどう思ってたの?
何かしてほしかった事あった?
言いたい事はなかった?

娘のランドセル見せたかった。
娘の活躍みせたかった。


本当に後悔が残ってる。

親孝行もっともっとすべきだった。
悔いは尽きない、、、

おかん。本当にありがとう今まで。
今は娘いるからさ、すぐ行けないけどおとんと待っててな、いつか行くから。
早く会いたいけどする事あるし。
娘も育てなあかんし。
少し待ってて。

本当にありがとう。


親 誰にもいる存在 もっと生きてる内に後悔が少なくなるように。このブログで感じてくれたら、
いいなぁと。




今週のお題「桜」
今週のお題「桜」